このサイトのテーマ『SWELL』を見てみる >>

【TypeScript】{}とExample{}の違い

takabee
TypeScriptで初めのころに少し紛らわしいと感じたことの備忘録です。

 

例を出して結論からいうと、

interface Example {
  name: string;
  age: number;
}
const a: Example{} = { name: 'takahiro', age: 23 }; 
// can also be written to 
// {} as Example const 

b: Example{} = { { name: 'takahiro', age: 23 } }

<Example>{}は「Exampleオブジェクトそのものですよー」を表しています。

Example{}は「Exampleが集まったオブジェクトだよー」を表しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webエンジニア兼ブロガー。Nuxt.js, Wordpress, SEO対策などの案件を承っております。両感音性難聴3級持ち。
お仕事の依頼はこちらから。
https://www.lancers.jp/profile/takabeee

コメント

コメントする

目次
閉じる