このサイトのテーマ『SWELL』を見てみる >>

超実践的なマイクロサービスを学べるUdemy講座『Microservices with Node JS and React』をレビュー!

takabee
こんにちは。takabeeです。

近ごろDockerを使って、マイクロサービスを構築していく方法が増えていますね。

確かにDockerコンテナは、マイクロサービスを構築するのに最適です。

 

でも実際にDockerコンテナ同士の通信だとか、適切な設計の仕方だとかを体系的に学べる講座が欲しいところ。

欲をいえば、自分で手を動かしながら出来て、なおかつ分かりやすく図解もしてほしい。

それらをすべて兼ね備えているのがMicroservices with Node JS and Reactです。

評価:

 

TypeScriptやDockerなど30個の講座を出しており、そのうち14個で「Bestseller」や「Highest rated」のタイトル獲得実績をもつ「Stephen Grider」さんが講師をしています。

 

内容がKubernetesとDockerを用いたマイクロサービス構築という、めちゃくちゃレベルの高い講座であることが特徴的です。

フロントエンドはReact.jsを使っていて、Nginxでリクエストの振り分けをしています。

しかしこれだけ難しい内容なのに、分かりやすい図解でその難しさを相殺しているのも特徴。

正直、Udemyの講座としては最高峰のものに仕上がっていると感じています。

takabee
レベルの高さ、内容ともに最高峰!

 

そこで本記事では「超実践的なマイクロサービスを学べるUdemy講座『Microservices with Node JS and React』をレビュー!」について書いていきます。

・レベルが圧倒的に高い
・図解で説明が分かりやすい

・ちょっと早口
・日本語字幕がない

ネコ大先生
この記事は【約8分】で読めるニャ。

 

目次

Microservices with Node JS and React』の特徴

Microservices with Node JS and Reactは超実践的なマイクロサービスについて学べる講座です。

言語
英語
字幕 英語、フランス語、ドイツ語ほか4言語(日本語なし)
価格   24,000円(セール時は1200円~)
レベル   めっちゃ高い
合計時間 54時間
わかりやすさ めっちゃわかりやすい
総合評価

 

言語は英語です。

日本語字幕はないので、基本的には英語字幕で進めていく形になります。

音声、字幕ともに英語

 

あつかう技術は、React.js、Docker、Kubernetes、Node.js、MongoDB。レベルでいうと、めちゃくちゃ高いです

扱う技術は幅広く、かつ実践的

 

合計時間は54時間とかなりの大ボリュームです。2日間寝ないで進めても全く終わりません。

これは図解で丁寧に解説していることと、機能を実装するときにどうやって実装するのか、設計の仕方も解説しているからです。

設計もしっかり解説

 

takabee
総合評価は★5!文句のつけどころがありません。

Microservices with Node JS and React』のレビュー

Microservices with Node JS and Reactの構成は、以下のようになっています。

  1. Fundamental Ideas Around Microservices
  2. A Mini-Microservices App
  3. Running Services with Docker
  4. Orchestrating Collections of Services with Kubernetes
  5. Architecture of Multi-Service Apps
  6. Leveraging a Cloud Environment for Development
  7. Response Normalization Strategies
  8. Database Management and Modeling
  9. Authentication Strategies and Options
  10. Testing Isolated Microservices
  11. Integrating a Server-Side-Rendered React App
  12. Code Sharing and Reuse Between Services
  13. Create-Read-Update-Destroy Server Setup
  14. NATS Streaming Server – An Event Bus Implementation
  15. Connecting to NATS in a Node JS World
  16. Managing a NATS Client
  17. Cross-Service Data Replication In Action
  18. Understanding Event Flow
  19. Listening for Events and Handling Concurrency Issues
  20. Worker Services
  21. Handling Payments
  22. Back to the Client
  23. CI/CD
  24. [Appendix A] – Basics of Docker
  25. [Appendix B] – Basics of Typescript
  26. Bonus!

見てわかるとおり、とんでもないボリュームです。

何度も言いますが、内容はかなり高度です。

 

これから大規模なマイクロサービスを作っていくにあたって、まず初めにテストプロジェクトを作ります。

これはマイクロサービスとは何ぞや?という方向けに、テストプロジェクトを実際に作りながら理解してもらうセクションです。

テストプロジェクトの一部風景

テストプロジェクトのコーディング風景(VSCode)

テストプロジェクトでは、せいぜいユーザー認証用のコンテナ、投稿リクエスト処理用のコンテナくらいしかありません。

でも初めてやる方には、かなり実りのあるセクションだと思うので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

またテストプロジェクトでイベントバスを自分の手で実装します。

イベントバスは、あるコンテナで起こったイベントを別のコンテナに伝える役割を担っています。

イベントバスはイベントを伝える!

後から作成するプロジェクトでは「NATS Streaming」と呼ばれるサービスを使いますが、テストプロジェクトではイベントバスを自作するので、なめてかかると痛い目にあいます。

 

テストプロジェクトの作成が終わると、いよいよ本格的に40時間を超える大規模なマイクロサービスを開発していきます。

コンテナは全部で13個あり、これを相互的に通信しながら大規模なサービスを作りあげていく形です。

大規模プロジェクトの開発風景(VSCode)

 

メインプロジェクトの開発とテスト、デプロイまですべてが含まれています。

超実践的なプロジェクトを作りながら、ゴリゴリに自分のレベルを上げていくセクションです。

 

僕はこの講座を通してかなりレベルアップしたと感じているので、基本的には欠点はないのですが、あえて言えば少し早口なところです。

英語ネイティブではないので、もう少しゆっくり話してほしいですね。

ただ英語字幕があるのである程度は緩和されます。

 

Microservices with Node JS and Reactはぶっちゃけかなりハードなので、覚悟を決めて臨んでください。

これが終われば、中級者といってもいいくらいレベルがアップしています。

takabee
僕はこれを終わらせるのに2週間かかりました。

Microservices with Node JS and React』におすすめの人

Microservices with Node JS and Reactは、Dockerについてある程度理解できている方向けです。

Dockerが何かわからない方は少し難しいかもしれません。

 

それでも頑張りたい方は、以下の記事で概要をつかんでから臨むのがおすすめです。

あわせて読みたい
5分でふわっと理解するDocker【画像多め】 こんにちは。takabeeです。 今回はDockerについての記事です。   という方向けに、図解多めで解説をしていきます。    この記事で学べること ・Dockerとは何...

自信をもっておすすめできるDocker初心者の方向けの講座も紹介しているので、試してみるのもいいでしょう。

こちらは日本語&図解メイン&実践なので、結構すんなりDockerをマスターできるかと思います。

takabee
あせらず、1つ1つステップを上げていこう。

Microservices with Node JS and React』のレビューまとめ

本記事は「超実践的なマイクロサービスを学べるUdemy講座『Microservices with Node JS and React』をレビュー!」について書きました。

Microservices with Node JS and Reactは扱っている内容が超実践的で、かつ図解が多くて分かりやすい最強講座でした。

つまづきにくいように、メインプロジェクトの前にテストプロジェクトを挟むのもポイント高し。

takabee
Udemy講座の中でもずば抜けた完成度でした。

ぜひチャレンジしてみてください。

 

takabee
ではまた次の記事でお会いしましょう!
ネコ大先生
最後まで読んでくれてありがとうニャ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webエンジニア兼ブロガー。Nuxt.js, Wordpress, SEO対策などの案件を承っております。
お仕事の依頼はこちらから。
https://www.lancers.jp/profile/takabeee

コメント

コメントする

目次
閉じる