このサイトのテーマ『SWELL』を見てみる >>

失敗ばかりの僕がたどり着いた、最強のプログラミング勉強法【5000円以下】

こんにちは。takabee(@takabe19)です。

今回はプログラミングの勉強法について解説をしていきます。

 

プログラミングを始める人は大体こんな感じの方が多いです。


初心者
もっと自由に暮らすために早くお金を稼ぎたい。そのためにプログラミング学習を始めようと思うけど、どうやって勉強すれば良いの?失敗したくないよ~!

 

そこで今回は、失敗ばかりしてきた僕がいままでを振り返ってみて、初心者の方がどんな勉強法をしたらいいかアドバイスしていきます。

僕もProgateで挫折し、スクールで60万払い、CTOの方に弟子入りしてやっと成功?て感じで、いままで失敗ばかりしてきました。

 

この記事を読むと

・プログラミングを学んでどういうメリットがあるか
・失敗しないプログラミング勉強法
・独学でも挫折しないためのマインドセット

がわかります。

 

僕も初心者の方の気持ちが痛いほどわかるので、これからプログラミングを始めてみると、めちゃくちゃ共感出来ると思いますよ。

ではご覧ください!

 

ネコ大先生
この記事は【約5分】で読めるニャ。

 

目次

そもそもプログラミングとは?

まず超初心者の方向けに、そもそもプログラミングとはなんぞや?ということを解説していきます。

 

カンタンに説明すると、プログラミングとはコンピュータに命令をすることです。

 

コンピュータは自分で考えて何かをすることが出来ません。

 

例えば


クライアント
Webサイトを女の子受けするように仕上げといて。

という依頼があったとき、人間なら

Takabee
ああ、はい。(まあピンクを中心としたデザインで仕上げてみるか)

となんとなく通じるものの、コンピュータでは


ロボット
「女ノ子受ケ」ノ定義ヲシテクダサイ。

となります。

 

このようなコンピュータでも分かるように、命令していくのがプログラミングです。

 

ちなみにプログラミング言語という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

RubyとかPHPとかJavaとか、いっぱいあります。

 

何が違うかというと、根本的に言えば結論【すべて同じ】です。

 

ただ機能を開発するときに、このプログラミング言語だと開発しやすいよね、という使い分けです。

たとえば人工知能ならPython、Webサイトを作るならRubyかPHPだよねー、という軽い感じ。

 

用途は違えど、根本的にはコンピュータに命令するという目的では、すべてまったく同じものになります。

 

Takabee
人間でも「あの分野ならあの人だよね!」という人がいますよね。プログラミング言語もそんな感じです。

 

プログラミングを学ぶメリットは?

ではプログラミングを学んで得られるメリットはどんなものがあるのでしょうか。

 

せっかく時間とお金をかけて習得したプログラミングも、役に立たないと


Takabee
結局お金と時間をムダにしただけじゃないか!
と後悔することになります。

 

Takabee
メリットを前もってしっかり知っておくことも、プログラミング学習を円滑に進める方法です。

 

在宅で出来る

なんと言ってもこれ。

雨の日のバイト通いという、めちゃくちゃ萎える経験をしなくてすみます。

 

どこでも作業出来るので、おしゃれなカフェでどや顔でMac開いて作業しても良いし、散歩してぽかぽか日光に当たりながらまったり作業しても良いです。

スーツとかいう窮屈なものを着なくてもすみます。

 


Takabee
「出勤」というムダな時間を減らすことで、効率的に成長する時間を取ることも圧倒的なメリットです!

 

時給が高い

びっくりしたのが、普通に時給が高いこと。

バイトとはまず比べものになりません。

ちなみに前やってたバイトは焼き肉屋で時給750円。(ブラック)

 

実例で言うと、師匠から一番はじめにいただいた案件の時給が1000~1500円でした。

 


師匠
一番はじめだから、とりあえず時給は安めで、1000~1500円からね!

Takabee
いや「安め」でもないし「とりあえず」の額じゃないだろ!

 

いままで750円くらいで働いてた自分がバカらしくなったのをいまでも覚えてます。

 

下が実際の画像です。(よくまだ残ってたな。。。)

 実際の画像

 

Takabee
しっかり努力した甲斐はあったと思います。

 

意識が高くなる

これは自分も結構驚いたメリットです。

 

プログラミングをやっていると、周りのエンジニアが意識高い系ばかりなので、自分もそっち方面にひっぱられます。

 

今の時代インターネットビジネスってめちゃくちゃたくさんあるんですよね。

ブログとか、物販とか、動画編集とか。

 

するとプログラミングだけじゃなくて、こういうのに意識が向くようになります。

まさに僕がそうです。

 

するとどんどん自分のスキルレベルが上がって、成長していく実感が得られます。

やってみれば分かります。裏返すとやらなきゃ分からん。まずやってみましょう。

 

Takabee
「量か質か」ではなく「量から質」です。

 

絶対にやってはいけないプログラミング勉強法【実体験】

プログラミング学習に絶対正解はないかもしれませんが、絶対ダメな勉強法はあります。

 

結論から言うと、暗記しようとすること。

 

完璧主義でマジメな人ほどやってしまいがちな勉強法です。

 

これがダメな理由は

・覚えることが多すぎて、まず覚えられないから
・そもそもすべて覚える必要がないから
・シンプルにやる気が続かないから
など、いろんなデメリットがあるからです。

 

実は僕もProgateからやり始めたとき、この勉強法をやってしまいました。

Progate用のノートを作って学んだことを全部書いていました。

実際のProgateノートの一部。あまり意味なかったです。。。

 

初めて勉強する人は<h1>は見出し、<a>はリンク、<img>は画像という基本的なことを覚えるにも、めちゃくちゃ時間かかります。

にもかかわらず、あのとき学んだことを覚えているかというと、ほとんど覚えてないんですよね。

 

でも、実際によく使うものはめちゃくちゃ覚えてます。

 

なのでこれからプログラミング学習を始める人は、初めから全部覚えようとしないでください。

必要なときに調べて使っていく、という意識を持った方が良いです。

 


Takabee
「あくまでプログラミングは道具だ」という意識を持とう!

 

絶対に失敗しないプログラミング勉強法【これが最短です】

結論から言うと、一番成長が早い勉強法は

①作りたいものを決めて
②どうやって作るか決めて
③実際に手を動かして作って
④インターネットに公開する

です。

 

これ実は、実際の業務の開発フローと同じです。

 

実際の業務もこれと同じように、企画→設計→制作→公開、という流れで開発が進んでいきます。

 

これに沿って、プログラミングの勉強を進めていくのがベストです。

 

実際の業務の開発フローに合わせた勉強法が最適!

 

Takabee
実際にやってみるとめちゃくちゃ大変だけど、メキメキと実力がついてくるのが分かります!

 

【STEP1】作りたいものを決めよう(企画)

まず作りたいものから決めていきます。

 

これがないと途中で、

Takabee
いまやっていることに意味があるのか?

というムダに哲学的な不安に駆られます。

 

他のものに魅力を感じてしまうと簡単にそっちに行ってしまうので、迷走しまくります。

ここはしっかりと決めましょう。

 

とはいえ、世界を変えるような斬新なアプリを作りたいとかそんな壮大なものではなく、簡単なTodoアプリとかタスク管理アプリとかでOKです。

 

とりあえずWebサイトでも、アプリでも何でも良いので、何か一つだけ作りたいものを決めてください。

 

Takabee
目標(作るもの)がないと道具(プログラミング言語)も決められないよ。まずは作るものを決めてみよう。

 

「どうしても決められない!」という方は、もう僕が決めてしまいます。

 

iSARAのサイトを作ってください。

 

iSARAはマナブさんがアドバイザーとして参画しているエンジニア育成講座です。
iSARAのサイトを作ると、HTMLやCSSの基礎が身につきます。

 

なのでどうしても決まらない方は、まずはこちらのサイトを作ることを目標にしてください。

 

Takabee
はじめは難しすぎなければ、何でもOK。作るものにこだわりすぎないようにしましょう。

 

【STEP2】どうやって作るか決めよう(設計)

初心者にとって一番難しい&時間がかかるのはここです。

どんな技術を使って、どういう風にコーディングしていくか?を決めていきます。

 

でも初めからそんなこと分かるはずもないです。

だって知識&経験どちらもないですもの。

 

だから結論、

・めちゃくちゃ調べる

しかないです。

申し訳ないですけど、それしか方法はありません。

 

とはいえ、HTMLもCSSも知らないのにどうやって調べるんだ、て話ですね。

いったん、基礎知識の定着から始めましょう。

 

おすすめの教材はUdemyです。

Udemyは世界最大のオンライン学習プラットフォームで、とにかく高品質&格安(1300円くらい)な動画教材がたくさんあります。

しかも30日間全額返金保証。

 

udemyのトップページ。Udemyは1ヶ月に何回かセールをしていて、セール時は1講座1300円くらいになります。

 

企業研修でUdemyを使っている会社もあるくらいです。

本場アメリカのシリコンバレーで働いているようなガチ勢エンジニアが、実践的なコーディングを何十時間もかけて教えてくれる動画教材で、それがリスクなく1300円くらいで買える。

 

本当に良い時代です。利用しない手はありません。

実際にスクールで60万円ムダにした僕は、Udemyを使っています。(自分に合わなかった動画は全て返金しています。)

 

実際にtakabeeが購入している講座の一部です。結構なヘビーユーザーです。

 

すべての初心者に特にオススメする4つの講座を選びました。

以下の講座を、自分の手を動かしながら3周ほど進めてみてください。

基礎とはいいがたい、けっこう発展的な実力がつきますよ。

 

すべて僕が買って実践した講座から選んでいるので、品質は確実に保証します。

ぜひセール時に買ってみてください。

 

① 「[HTML/CSS/JavaScript] フロントエンドエンジニアになりたい人の Webプログラミング入門」

ともすた合同会社代表で、多数の本も執筆している「たにぐち まこと」さんの教材です。

HTML, CSS, JavaScriptだけでなく、jQueryやVue.jsまで詳しく解説しており、この講座だけでフロントエンドの基礎が身につきます。

 

 

「米国AI開発者がゼロから教えるDocker講座」

アメリカの大手Tech企業に勤めている「かめ れおん」さん(通称かめさん)が、powerpointで図を動かしながら、わかりやすく解説をしてくれる教材です。

いままで受けた動画講座の中でも抜群のわかりやすさでした。

 

ただかめさんの講座は一切セールにならないので、買うときはかめさんのtwitterでクーポンをゲットしてから買ってください。

1ヶ月ごとに価格が高くなっていくので、買う方は早めに買うことをオススメします。

 

 

「米国AI開発者がやさしく教えるGit入門講座」

こちらもかめさんの講座になります。

Gitはエンジニアにとってもはや必須ツールなので、かめさんの分かりやすい解説でどんどん理解を進めて、ほかの人とグングン差をつけていってください。

 

 

「AWS:ゼロから実践するAmazon Web Service。手を動かしながらインフラの基礎を習得」」

言わずと知れたAmazonのクラウドサービス。

AWSを扱えるようになると、エンジニアとしては一皮むけるような感じがします。

 

こちらは京都大学大学院を卒業後、マーケターからスタートし、Webエンジニアになった山浦さんが教えるAWS実践講座です。

実際に手を動かしながら実践することで、受講後に実力がメキメキとついていることに気づきます。

 

 

これ全部をマスターしたら、ほとんどのWebサイトは作れるようになるかと思います。

何をやるか分かったら、次のSTEP3に進みましょう。

 

Takabee
ここができると次の「制作」がメチャクチャ楽になりますよ。

 

【STEP3】実際に作ってみよう(制作)

ここまできてようやく、自分が作りたいものを作っていきます。

とはいえ、もう設計の段階で何をやるかはほとんど決まりました。

 

あとはその通りに作っていくのみ。

ただ設計をいくら丁寧にやっても、その通りに行かないことが多くあります。

 

その時は質問サイトを利用すればOK。

おすすめの質問サイトはこちら。

Teratail・・・ITエンジニア専用の質問サイト。回答率90%を誇るエンジニア御用達の知恵袋。
stack overflow・・・世界最大のエンジニアQ&Aプラットフォーム。英語だから情報量は業界随一。

 

stack overflowは英語ですが、日本語版のスタック・オーバーフローも出ました。

ただ母数が違うので、質・量ではやはり英語版が圧倒的です。

 

Takabee
胸を借りるつもりでどんどん活用しよう!

 

【STEP4】インターネットに公開しよう(公開)

最後に、インターネットに公開します。

作ったアプリを、先ほど紹介したAWSとDockerでインターネットに公開すると、めちゃくちゃ実践的です。

 

Takabee
いまは良い教材があふれているので、積極的に活用していきましょう!

 

 

初心者がよくぶつかる壁とその回答【初心者あるある】

おそらく初心者がこれからぶつかるであろう壁と、その対策について見ていきましょう。

 

Takabee
対策について事前に知っておくと挫折しなくてすむよ!

 

自分には才能がないかも?と不安。そのまま続けて良いのか?

めちゃくちゃよく見る初心者あるあるですね。

特に学習始めて3ヶ月経ってない人によくある症状です。

 

結論から言うと、才能なんてあってもなくても良いので、そのまま続けたほうが良いです。

 

なぜかというと、プログラミングに限らず他のことにも言えますが、成長というのは二次関数的にしていきます。

 

なので今はとくに成長を感じなくても、実は水面下でジワジワと実力はついています。

 

成長は二次関数的。時間をかけると成長が速くなる!

 

自分もプログラミングが出来なさすぎて、メンターの方に同じ質問ばかりして怒られ、才能ないんじゃないか?と考えたこともありました。

 

でもいま考えると、足りないのは圧倒的に経験でした。

才能ではありません。

 

なので3ヶ月は効果を期待しないで続けましょう。

 


Takabee
「成功する人としない人の違いは、成功するまでやるかやらないかの違い」とはよく言ったものです。

 

分からないことを聞いたら「調べればわかるだろ」と怒られる

これも初心者によくあります。

 

分からないことを聞くと、自分で調べろよ!てキレてくる輩がよくいるとのこと。

 


初心者
別にあなたに回答を強制しているわけではないんだから、怒るくらいなら無視すれば良くない?

という気持ちも分からなくないです。

 

でもいったん10分くらい自分で調べてみましょう。

それで分からなかったら聞いてもOKです。

 

それでも自分で調べろよ!とか言ってくる輩がいたら、調べても分からんかったんじゃい!と逆ギレしましょう。

 

Takabee
実は調べる能力というのは結構大事。

 

コードを見ると頭&目がおかしくなる。

これは僕がプログラミング始めたての時のあるあるです。

共感できないかもしれません。

 

でもちょっとしたHTMLコード見ただけで頭&目がおかしくなるんですよ。

この対策としては続けりゃ慣れる、です。

 

圧倒的ブラック感がしなくもないですが、まあ慣れますので1ヶ月くらい続けてください。

 

Takabee
僕だけかもですが、なぜかProgateのシンプルなコード見ただけで頭と目に異常が。。。

 

まとめ:自分の努力次第で本当に人生が変わる

いかがだったでしょうか。

 

まとめると、

・プログラミングはコンピュータに対して命令をすること。
・学ぶメリットは「在宅で出来る」「時給が高い」「意識が高くなる」。
・スクールは無料カウンセリングだけ受けよう。
・絶対にやってはいけない勉強法は「暗記」。
・企画→設計→制作→公開という、実際の業務の開発フローを真似しよう。

ていう感じです。

 

やる気が出てきたなら、今のうちに早くはじめることをオススメします。

やる気は日が経つごとに急にどんどん減ってきます。

 

そうなるとどんどんハードルが高くなって、結局チャンスを掴めなくなります。

やるなら「いま」やる気があるときにやりましょう。

●おすすめの教材一覧

 

①HTML, CSS, JavaScriptはこちら

 

②Dockerはこちら

 

③Gitはこちら

 

④AWSはこちら

 

 

ぜひチャレンジしてみてください。

では、また次の記事でお会いしましょう!

 

ネコ大先生
最後まで読んでくれてありがとうニャ!

 

techacademy-review
techcamp-engineer-jobchange-review
techboost-review

 

おすすめのプログラミングスクール

「テックアカデミー」を見てみる
低価格・高品質のスクール。3ヶ月で実践的な力が身につく!

 

「テックキャンプ エンジニア転職」を見てみる
最短10週間でエンジニアになれる!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webエンジニア兼ブロガー。Nuxt.js, Wordpress, SEO対策などの案件を承っております。両感音性難聴3級持ち。
お仕事の依頼はこちらから。
https://www.lancers.jp/profile/takabeee

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる